小平十三小サッカークラブ FC小川ジュニアズ/FC小平ウェストスター WEB SITE←ココをクリックでTOPにきます

東京都少年サッカー連盟 新14ブロック/友好都市リーグ/コスモリーグ/小平市サッカー協会 所属 のジュニアサッカーチームです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AEDって知っていますか?

サッカー協会からの熱中症対策の話しも私のブログに書きましたが
今回AEDに関する記事をリツイート的に抜粋してみました ご参考までにどうぞ


http://www.plus-blog.sportsnavi.com/ichikatsu/article/5

>そもそも今回話したいことは、スポーツセーフティー環境をもう一度見つめ直す必要がやはりあるよねということ。松田直樹選手の死去を受けて特にAED設置に関して多くの記事が出ています。そのAEDに関して先輩ATCのさゆりさんがブログで一般の方にとっても分かりやすく説明をしてくれています。毎回のエントリーも為になる情報満載なのでぜひ読んで頂きたいと思い、紹介させて頂きます。私もいつか彼女のように周りにしっかりと伝える術を身につけたい。

AEDって知っていますか。(Innervate The World!)


今回の件に関しては、その場にAEDがなかったという点に注意が集まるのは当然かもしれません。しかし、それ以前にスポーツ現場においての安全管理に関してはプロのみならずあらゆるレベルで疑問が残るのは確かなのです。アスレティックトレーナーがその場に常駐しているような環境なんてほんの一握りしかない中でどうすればいいのか。現場を預かるチーム、学校、コーチ、親などがどうやったら選手達、子供達の安全を守れるのか。それを考えるきっかけに今回のことがなってくれればいいと思っています。

最悪の状況を想定し、とっさの事故や怪我に対応できるだけの準備をしておく。緊急時のアクションプランを立てて、定期的にシュミレーションをする。そういった自分たちの想定の範囲を広げることで、普通ならあまり起こりえない『想定外』のことも想定の範囲内になりうる。私たちアスレティックトレーナーができる一つのことはそういう”準備”を専門家の視点で手助けすることではないかとも思います




松田

【Wikipediaより抜粋】
【1977年3月14日生まれ、群馬県桐生市相生町出身】

天沼FCでサッカーを始めてから前橋育英高に入学するまではFWの選手だった。当時U16日本代表監督だった小嶺忠敏監督(元・国見高校総監督)にDFのセンスを見いだされ、FWからコンバートされた。
U-16日本代表に招集されて以来、各世代の日本代表に選出されている。1996年のアトランタオリンピック、2000年のシドニーオリンピック双方の代表に選出され、年齢制限のあるサッカーのオリンピック日本代表としては、数少ない2大会連続出場選手。
2007年末に上野良治が退団した以降は横浜F・マリノスの在籍年数が最も長い選手となっている。

トルシエジャパン時代はフラット3と呼ばれる3バックの右サイドで不動のレギュラーであり、2002年の日韓W杯ではベスト16入りに貢献した。

出場大会など

U-17サッカー日本代表
1993年 1993 FIFA U-17世界選手権 (ベスト8)
U-20サッカー日本代表
1995年 1995 FIFAワールドユース選手権 (ベスト8)
オリンピック日本代表
1996年 アトランタオリンピック (グループリーグ敗退)
2000年 シドニーオリンピック (ベスト8)
日本代表
2000年 AFCアジアカップ2000 (優勝)
2001年 FIFAコンフェデレーションズカップ2001 (準優勝)
2002年 2002 FIFAワールドカップ (ベスト16)
2004年 AFCアジアカップ2004 (優勝)

試合数

国際Aマッチ 40試合 1得点(2000-2005)


ご冥福をお祈り致します。



スポンサーサイト

| WEST君のツイート | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fcogawajrs01.blog51.fc2.com/tb.php/58-613deada

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。